殺菌作用のあるプロポリス~手軽ヘルスケアサポート~

身体の変化が原因

今まで快調だったのに

膝

ずっと快調だったのに、妊娠した途端、便秘になったという人もいるほど、妊婦は便秘になりやすいと言われています。妊婦が便秘になる要因はたくさんあります。一つは、腸の蠕動運動が鈍ることです。妊婦は女性ホルモンのバランスが妊娠前とは違ってきます。妊婦になると増える女性ホルモンのプロゲストロンが大腸の蠕動運動を抑制するため、腸の動きが鈍くなります。また、赤ちゃんがお腹にいることで胃腸が圧迫され、腸の蠕動運動が阻害されてしまうケースもあります。二つ目は運動不足です。妊婦は妊娠前よりも運動する機会が減ってしまうことも原因です。三つめは、水分不足です。妊娠中のつわりなどで食べ物を食べることができない人が居ます。水分は食べ物からも吸収しているため、水分不足になってしまうのです。

解消法は

赤ちゃんに影響が及ばないように便秘を解消するには、お腹の中の環境を整えることが重要なポイントとなります。そのためには、お腹の環境を整える働きのある乳酸菌を摂取することが良いと言われています。腸の蠕動運動を促しながら、水分を補給できるという二重の効果が期待できます。オリゴ糖も一緒に摂取すると、オリゴ糖が乳酸菌のエサとなり働きが良くなると言われています。また、食事の際に食物繊維を摂取するようにしましょう。便の量を増やす不溶性食物繊維と、便に柔らかさを持たせる働きのある水溶性食物繊維をバランスよく摂取します。また、無理がない程度に散歩をするなど、運動を行うことも筋肉を動かすことにつながり、腸の蠕動運動を促進させる効果があります。